Terra yoga~寺とYOGA~

穏やかで平和な心、本来の自分を取り戻し、地球に優しい、そんなyogaをお届けします。~自然や動物たちとしあわせに暮らせる世の中になりますようにと願いを込めて~
TOPスポンサー広告 ≫ 般若心経による意識の浄化講座 ⑥TOP般若心経による意識の浄化講座 ≫ 般若心経による意識の浄化講座 ⑥

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

般若心経による意識の浄化講座 ⑥

7月20日の日曜日は、般若心経講座の第6回目でした。
その気づきや感想をお届けさせて頂きます。


テーマは「許し」


第6回目の般若心経講座は、参加者によるワークから始まりました。

そのワークとは、今までの自分と向き合い、心の奥底に眠っている否定的な部分と肯定的な部分を書き出すといった深い内容のもので、作業は大変でしたが、実に和やかに笑い声が響き渡る中でのワークタイムとなりました。

まさに講座名通りの、意識の浄化となりました。


般若心経による意識の浄化講座も終盤を迎え、第1~5回までの講座では、いかに私たちは無意識に、過去の記憶や自分が勝手に造りだしたイメージや思い込み等で物事を判断し反応し行動しているということに気づかされました。


客観視をすることの大切さ、すぐに反応するのではなく、一呼吸置く大切さ、心を落ち着かせ、静けさの中に身を置く大切さ(瞑想)を、しみじみと感じました。

そして無意識の状態ではなく、常に意識的に生きることを心がけ、冷静に、正しく物事を見極めていく目をこれからも養い続けて行く必要があると感じました。


「苦」からの解放。

まずは、人間の脳のシステム、「受想行識」の働きを知ること。

そして、外界からの情報で起こす反応や、自らが造りだす想像は、すべて幻想であると認識すること。

過去に刷り込まれてしまった記憶は体験し、はき出し、綺麗にお掃除をしてしまうこと。

「受想行識」の働きを、受(五感作用)で止めてしまうこと。

あるがままの自分を受け入れること。

そして、許すこと。


私たちがこの世に生まれて来た意味、それは本当の自分を思い出し、ありのままの自分を取り戻すことです。


自分が他人の目にどう映るのかと、体裁ばかりを気にしていると、本来の自分、ありのままの自分に出会うことができないと言います。

良い仕事に就いている自分、裕福な自分、高価なものを身に着けている自分、容姿の美しさを追求する自分…etc、名誉や肩書などといった条件づけられた自分。

その条件づけられた自分を手に入れていると、自信に満ち溢れ、安心した感覚を覚えるでしょう。

しかし、実は、外界からの条件づけられた自信というのは、条件を失った時にすぐさま崩れ去ってしまう、なんとも脆いものであるということに私たちは気づかなかればいけないと思いました。

なぜならそれは、条件づけられた自信を失った時、条件づけられた自信を真実の自信と信じて疑わなかった人間は、不安や恐怖に包まれ、「苦」の中に身を投じてしまうことになり兼ねないからです。


他人からの評価を気にしたり、「こうあるべきだ」など要求する心に捉われる(執着する)と、苦しみを生み出してしまいます。

執着を捨て、許すことで、苦から解放され、心の自由を手に入れることができるのだそうです。

それは、本当の幸せであり、内なるゆるぎない自信の芽生えであります。

他人からどう思われているかではなく、好き嫌いの判断をすることなく、あるがままの自分を受け入れ、自分が自分をどう見る かがとても大切なのだと思いました。


喜びも、怒りも、哀しみも、楽しみも、すべて自分の心根という心の根っこが造りだしているものにすぎず、それらはただ単に外からの情報に反応しているだけのことだと教えて頂きました。

それらの反応を示したとき、まるで映画を見ているかのように、客観的な見方を訓練していくことが必要だと思いました。

起きている状況を、冷静に、遠くの方から、映像を眺めるように。


人間は、さまざまな体験をするために生まれてきているのだそうです。

ネガティブに反応してしまった感情も、ただの体験。

そういう体験が必要だったから。

ただそれだけのこと。


人と比べたり、憎んだり、嫉妬したりする否定的な感情に対して、相手に感情の矢を向け続けることなく、そして自己嫌悪に陥ることなく、その感情を持ってしまった自分を許し、その捉われ(執着)を手放すことが、心を楽な方向へと導いてくれます。

その感情は、外からのきっかけにより、脳のシステムが働き、反応しているだけのことにすぎないからです。

自分の中に元々持っていた否定的な心の芽が、外からのきっかけにより成長してしまっただけのことだからです。


外側に拠り所を見出すのではなく、自分の内なる強さに気づき、自分を信じること。

そうすることにより、本当の喜び、慈しみの心、真の力を取り戻すことがで きるのだそうです。


自分を許すこと。

自分を許したとき、怒りや憎しみといった感情をぶつけていた相手を見る目に変化が現れるのだそうです。

自分を許すとは、相手を許すことに繋がるのだそうです。

相手を許すとは、自分を許すことに繋がるのだそうです。


すべては自分。

自分の中にある。


ありのままの自分に出会う旅を、般若心経の講座が終わっても、続けて参りたいと思います。

その方法を知ることができましたことに、心より感謝申し上げます。
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。