Terra yoga~寺とYOGA~

穏やかで平和な心、本来の自分を取り戻し、地球に優しい、そんなyogaをお届けします。~自然や動物たちとしあわせに暮らせる世の中になりますようにと願いを込めて~
TOPスポンサー広告 ≫ 真のヨーガ入門 第2回目TOP真のヨーガ入門 ≫ 真のヨーガ入門 第2回目

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

真のヨーガ入門 第2回目

「一人の世界を作って下さい。」

この指示から始まったヨーガ入門コース第2回目。

部屋はうっすらと柔らかい明りのみ。

幻想的な空間の中でそれぞれが壁を向き、自分の空間を作り出し、レッスンは始まりました。


本日も、呼吸動きを連動させることに集中する訓練。


一人の世界を作り、先生を見ることなく、声のみ、指示のみに集中してそれを行います。

これだけでも相当な集中力を養う訓練です。


そして、初日で行った動きに新しい動きが加わり、ただただ呼吸と動きにフォーカスしていく。

呼吸に乗せて体を動かす訓練、その動きは単純な動きから複雑な動きまでさまざま。


初日で行った動きは、すでに記憶の中にあり、

その時のことをフィードバックすることで、より良い結果を生み出すことができます。

そのため、前回行ったときよりもスムーズに、余計なことを考えずに行うことができたように思います。

この良い経験の積み重ねにより、良い習慣、良い行動、良い人格を作り出していくことができるのだそうです。

悪い癖を無くすのではなく、悪い癖以上に良い記憶を増やすことが大切ということです。

それは生き方の智慧へとつながっていくからです。


しかし、その動きに慣れてしまい、無意識に、反射的に行ってしまうようになっては意味がありません。

常に意識して行動することを、この入門コースで体にしっかりと染み込ませていこうと思いました。


その他に気づいたことは、

新しいこと(動き)をしたときに戸惑いの感覚が湧き上がってくることです。

不安がよぎり、一気に頭のおしゃべりは始まります。

これは、ヨガスタジオでのレッスン中によくある生徒さんの脳の働きと同じだそうです。

新しいポーズをとったとき、またはヨガ経験の少ない方に多く見られる現象。

「このポーズでいいのかしら?」「これで合ってるのかしら?」「え?よくわからない。」・・・etc

心はざわめき、呼吸は浅くなり、血液の流れが滞る。

これではヨーガの本来の目的からそれてしまいます。

思考が邪魔して、残念ながら瞑想の境地に辿り着くことができません。

集中力、意識することを養うこともできません。

感情の中にひきずられ、客観視すらも・・・。


このことから、継続して行うこと、

同じことを何度も何度も繰り返していくことの大切さを痛感いたしました。

そして、繊細に意識しながら同じことを繰り返すことで

新しい良い記憶に塗り替えていくことができる。

脳のシステムに支配されないように、常に意識的に、冷静に。。。



お教室を出ると、辺りはすっかり闇に包まれ、

朝から降り始めた雪は、雨に変っていました。



家を出たときは真っ白な雪に覆われていた最寄りのバス停の景色。
IMG02296.jpg

お教室に到着したときのお寺の景色。
IMG02297.jpg

同じ東京とは思えない2つの景色。

この大地でしっかりと繋がっています。

私たちの魂も、源でしっかりと繋がっています。


-この真のヨーガ入門での訓練は、同胞がしあわせになるために、まず自分を磨いていく訓練なのだと感じました。
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。