Terra yoga~寺とYOGA~

穏やかで平和な心、本来の自分を取り戻し、地球に優しい、そんなyogaをお届けします。~自然や動物たちとしあわせに暮らせる世の中になりますようにと願いを込めて~
TOPスポンサー広告 ≫ 真のヨーガ入門 第3回目TOP真のヨーガ入門 ≫ 真のヨーガ入門 第3回目

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

真のヨーガ入門 第3回目

真のヨーガ入門、本日は第3回目でした。

昨日のお天気とは打って変わって、晴れ晴れとした青空広がる良いお天気の中

ヨーガのお教室があるお寺に入ってすぐ目にはったのは梅の花でした。

IMG02337.jpg

IMG02336.jpg

そして、可愛い猫たちの姿を発見。

IMG02341.jpg
わかりますか?
塀の上に、左側きじとら、右側しろ×きじとら(長毛)の2匹の猫さん。

IMG02342.jpg
こちらは、光に反射して見えずらいですが、茶白さんです。

このほのぼのとした光景に魅せられ、思わず時間を忘れそうになりました。


さて、本日の真のヨーガ入門のお題も前回同様

「呼吸と動きの連動」です。

2回目と異なるのは下記2点。

①目を閉じて行う。
②目を開けて行う。

これに、動きに幾つか新たなものが加わりました。


おもしろいことに、同じ動きをしていても、感じ方は1回目や2回目と異なります。

その日の心身の状態によっても違ってきます。

人によって、感じ方も異なります。

それは、過去の経験が異なるからです。


そして、常に頭のおしゃべりは続いています。

体の動きと呼吸の実況中継をしていたり、この動きで間違っていないだろうかと不安になってみたり。

さまざまな過去の記憶や人格が介入して来ます。

それぞれの動きにそれぞれの反応を示してしまいます。

純粋に「動きと呼吸を連動させ、それを行う」と言うのは、本当に難しいことなのだと思い知らされた第3回目でもありました。


それから、目を閉じて行うときと、目を開けて行うときの違いもおもしろかったです。

目を閉じて行った方が、視界が遮られ、集中しやすいのに対し、

目を開けて行うと、情報が増え、集中しずらいように感じました。

しかし新しい動きに関しては、私の場合、目を閉じた瞬間不安に襲われました。

先生は一言も「動きを完璧にして下さい。」と指示されていないのに、
私は動きに意識が向き、指示通りに動けているのかに焦点を向けていました。
そして、うまくやろうという働きが生じていました。

過去の記憶の中で、完璧に動作を行わなければならないとか、
上手くやらなくちゃ・・・などと言った、何かがあったのかもしれません。

その記憶が、新しい動きをした瞬間に介入してきたようです。


その他にも、たくさんの学びがありました。

座位と立位のときのエネルギーの違いについて、自動化と意識化について…etc

その中で本日の一番のキーワードは、

・動きのツールに思いっきり色々な人格を介入させること
・色々な自分を見まくること

でした。


このような地道な作業を通して、

自分をコントロールできる術を身に着けていきます。

そして、心身の不調を表面に出る前に気づける感受性と、

真のヨーガ指導者になるために、正しい目を養う訓練を行っていきます。


「炭酸飲料のあの気泡をジーッと見つめてごらんなさい。」

Juna先生が発したこの言葉がとても印象に残った真のヨーガ入門 第3回目でした。

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。